スタッフブログ

遊園地の乗り物屋さん日誌

ハイエース アルミ縞板フロア

トヨタ・ハイエース(標準ボディ・DX)にアルミ縞板フロアを施工しましたのでご紹介いたします。

KUROKITECで行うハイエース等のアルミ縞板フロア施工では、基本的に“1枚もの”のアルミ縞板を使用するのが特徴です。

継ぎ足しがなく隙間へのごみの侵入も防ぐことができ、また固定箇所も少なくすることができるため、すっきりとした印象を持つフロアになります。

アルミ縞板は自社で採寸・カット・加工を行っているため、車種・内装に応じて最小限のスキマで施工することができます。

弊社のハイエースと同じく、標準のフロアマットを残しての施工で、防音・遮音効果を維持したままのアルミフロア化となりました。

写真では見えませんが、オリジナルで製作したステンレス製のベースフレームをボディへ取付し、そこへアルミ縞板をボルトで固定しています。KUROKITECでは耐久性や信頼性の観点からステンレス等の金属を用い、溶接や曲げ加工などを行って車種・仕様に応じてオリジナルで製作できるので、お客様のニーズに合わせて様々な対応が可能です。

後席足元の床のふくらみに合わせた溶接、リアハッチ端部との段差合わせの曲げ、縞板端部のモール、車種・グレードに応じて様々ですが、今回もきれいに収まるよう採寸・加工を行いました。

このアルミ縞板は遊園地の乗り物にも多く使用しており、普段は観覧車やジェットコースターなどの遊園地の乗り物を製作している遊戯機械メーカーとして、取付や加工などについて豊富な経験があります。

このアルミ縞板1枚フロアの施工によって、積載性や荷室のメンテナンス性が良くなるため、特にバイクや自転車などのトランポや仕事用のベースフロアとして、その使い勝手を飛躍的に向上することができるのでオススメです。

ハイエース・キャラバン等の国産バンでは、ナロー・ワイド問わず、アルミ縞板フロア加工は随時ご依頼を受け付けており、現在多くのご連絡を頂いております。

使用用途や仕様、価格に応じて柔軟に対応できますので、アルミ縞板施工にご興味がありましたら、お問い合せフォーム・お電話から是非お気軽にご連絡ください。

ハイエース・ワイドボディ/KUROKITECデモカー のアルミ縞板フロア加工例はこちら

ハイエースハイエースカスタムアルミ縞板トランポ

少しでも興味を持っていただき“話を聞いてみたい”と思った方は、
どうぞお気軽にお問い合わせください